心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  弁膜症とは  >  弁膜症のこと

弁膜症のこと

弁膜症とは、こんな病気です。

about_img01心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「弁膜症」といいます。

弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。

4つの弁のうち、「大動脈弁」と「僧帽弁」に多く起こる疾患です。

▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ