心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  弁膜症とは  >  弁膜症の原因

弁膜症の原因

弁膜症の原因について、お話します。

弁膜症の原因には、先天性と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、組織変性など)があり、原因を特定できないものも多くあります。
かつては、リウマチ熱の後遺症として弁膜症になることが多かったのですが、現在は抗生物質の普及によりリウマチ熱自体が減り、リウマチ熱を原因とする弁膜症は減少しました。

一方、高齢化に伴い、大動脈弁に動脈硬化と同じような変化が起きて硬くなり、うまく開かなくなる「大動脈弁狭窄症」や、弁の組織が弱くなって起きる「僧帽弁閉鎖不全」が増加しています。

▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ