ホーム > 治療方法は > 弁膜症の治療方法

弁膜症の治療方法

弁膜症は、自然治癒することはありません。患者さんの状態によって、内科的治療か外科的治療を選択します。

[ 内科的治療 ]

心筋の収縮力を増強させる強心剤、血液の量を減らして心負担を軽くする利尿剤、血液の流れをよくする血管拡張剤などを投与して、症状を緩和したり、進行を抑制させます。
ただし、悪くなった弁機能が投薬によって治るということはありません。

内科的治療について

[ 外科的治療 ]

弁の悪い部分を修復する弁形成術と、弁そのものを人工弁に取り替える弁置換術があります。
どちらの治療法が適しているかは、不具合の状態によって異なりますが、的確な外科的治療を行えば弁機能自体の不具合は解消されます。

外科的治療について

[ 経カテーテル大動脈弁治療(TAVI)]

TAVIは、重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置します。


  • 当サイトについて
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ