心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  治療方法は  >  弁膜症の治療方法  >  内科的治療

内科的治療

内科的治療では、症状の緩和や進行の抑制を行います

medicine_tl01

内科的治療は、弁そのものを治すわけではなく、薬でその時の状態よりも症状を緩和したり、進行を抑制することによって心臓にかかる負担を取り除きます。
薬による治療の効果は、定期的に検査を行って再評価することが必要になります。その結果から、今後の治療をそのまま内科的治療を続けるか、外科的治療を選ぶかを判断します。

弁膜症の主な症状と、処方される代表的な薬

<症状>

 

medicine_tl02

<薬>
強心剤
心臓の収縮力を高め、全身に血液が行きわたるようにします。
利尿剤
余分な水分を体の中から取り除き、心臓にかかる負担を軽くします。
血管拡張剤
血管を広げて血液の流れを良くし、心臓にかかる負担を軽くします。
抗不整脈剤
心臓のリズムを改善し、不整脈が原因で起きる不快な症状を軽減させます。
抗血液凝固剤
血液を固まりにくくし、血栓ができないようにします。
降圧剤
心臓から拍出される血液量を減らすか血管を広げることによって血圧を下げます。
▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


Cancel OK