心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  治療方法は  >  弁膜症の治療方法  >  外科的治療

外科的治療

弁膜症を治すには、外科的治療が必要となります

surgery_tl01

悪くなった弁は、薬で元通りに治すことはできません。弁を根本的に治すには、外科的治療(手術)が必要となります。

弁膜症の症状はゆっくりと進行することが多く、心臓に負担がかかっていても、心臓は本来の働きを補おうとします(代償機能)。

そのため、患者さん自身が自覚症状をあまり感じていないということがよくあります。しかし、早期に手術を受けるほうが術後の経過や心臓の機能回復がよいため、手術のタイミングを適切に判断することが重要となります。

手術には、弁形成術と弁置換術の2種類があります。自分はどちらの手術に適しているかについて、医師からしっかりと説明を受けましょう。

弁形成術について 弁置換術について
人工弁の選択について

開心術について

多くの医療機関では、弁膜症の手術は開心術で行われます。

開心術とは、胸部を開いて、一時的に心臓と肺の機能を代行する人工心肺装置を用い、心臓を切開して手術する方法のことです。

近年は、人工心肺装置や手術中に心臓の筋肉を守る方法などが確立され、開心術は安全な手術方法になっています。

▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ