心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  治療方法は  >  弁膜症の治療方法  >  低侵襲外科治療

低侵襲外科治療

低侵襲心臓弁膜症手術(Minimally Invasive Valve Surgery)とは

心臓病センター榊原病院 坂口太一先生

「侵襲」という言葉は、医学用語であるため一般になじみのない言葉かもしれませんが、「生体に傷を付けること」すべてを指します。ほとんどの手術は、人体を切開して、つまり傷を付けて悪くなった部分を治すわけですので、「侵襲」ということになります。

では、この侵襲というものを心臓弁膜症手術に当てはめてみます。
現在一般的に行われている通常の心臓弁膜症の手術では、胸骨を縦に切開して観音開きにする「胸骨正中切開」という方法で行います。この方法では、術後、喉元からみぞおちにかけて約20-30cmの傷が残ります。

これに対して、胸骨を一部分のみ切開する、または胸骨は全く切らずに側胸部の乳房の下あたりを
約7-10cmほど小さく切開して、侵襲性の低い手術をすることを「低侵襲心臓外科手術」と言います。当科では、日本における低侵襲手術の黎明期よりこの方法を導入しております。

大動脈弁疾患では、胸の中心を小さく切開して手術を行います。また、僧帽弁や三尖弁疾患、心房中隔欠損症、左房粘液種などの手術は右側開胸で行いますが、特に女性の場合、乳房下縁の肋間を切開しますので、術後、傷が見えづらくなり、患者さまに受け入れて頂きやすいです。(イラスト参照)

この低侵襲手術は、美容上の利点だけでなく胸骨を大きく切開しなくて済むため、術後の出血が少なく、縦隔炎という合併症を起こしにくいというメリットがあります。また、車の運転や重いものを持つといった日常生活にも早く復帰できるほか、比較的激しい運動(ゴルフやテニスを含む)も早期に可能となります。

従来の胸骨正中切開

surgery_tl01-1

低侵襲アプローチ(MICS)

surgery_tl02-1
胸骨部分切開
surgery_tl03-1
肋間開胸

▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ