心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  治療方法は  >  弁膜症の治療方法  >  経カテーテル 大動脈弁治療(TAVI)

経カテーテル 大動脈弁治療(TAVI)

経カテーテル大動脈弁治療(TAVI)とは

慶應義塾大学医学部 循環器内科 専任講師 林田健太郎先生

心臓弁膜症のひとつである大動脈弁狭窄症は、重症になると命に関わるため、通常は開胸(胸骨を縦に切開すること)して大動脈弁を人工の弁に取り替える「弁置換術」を行います。しかし大動脈弁狭窄症の患者さんのなかには、高齢により体力が低下していたり、他の疾患を持っているために、開胸手術が難しい患者さんも多くいらっしゃいます。

開胸手術が難しい患者さんには、薬で病気の進行を緩やかにする内科的な治療が行われてきました。しかし弁膜症は薬で治すことは出来ないため、根本から治療し、予後を改善することはこれまで不可能でした。

そのような患者さんにとって、新しい治療の可能性を開いたのが、経カテーテル大動脈弁治療(TAVI)です。TAVIは、重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、開胸することなく、また心臓も止めることなく、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置します。
TAVIは胸を全く切開しない、または大きく切開しなくて済み、また従来の弁置換術のように心臓を停止する必要がなく、人工心肺を使用しなくて済むことから、患者さんの体への負担が少ないのが特長です。

なお、TAVIは高齢のために体力が低下している患者さんや、その他の疾患を持つ患者さん等が対象の治療法です。また手技に伴い、合併症が発生することもありますので、治療実施の判断には医師の診断が必要です。

TAVIの仕組み

TAVIには、2通りのアプローチがあります。太ももの付け根の血管から挿入する「経大腿アプローチ」、肋骨の間を小さく切開し、心臓の先端(心尖部)からアプローチをする「経心尖アプローチ」です。

tavi_0

経大腿アプローチのアニメーションを見る

経心尖アプローチのアニメーションを見る

TAVIについてより詳しく知りたいかたは、TAVI-WEB.COMをご覧ください。

▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ