トップ

治療方法 : 保存的治療

弁膜症は、自然治癒することはありません。弁膜症に対する治療法として3つの治療法が選択肢となります。患者さんの状態によって、薬で症状を緩和し経過観察を行う保存的治療、開胸手術で心臓の弁の修復や交換を行う外科的治療、または開胸することもなく、また心臓を止めることなく、カテーテルを用いて弁を植え込むカテーテル治療が選択されます。

弁膜症に対する3つの治療法

保存的治療では、薬によって症状を緩和させ経過観察を行います

保存的治療は、弁そのものを治すわけではありません。薬で心臓の負担を軽減し、心不全を起こしにくくしています。その効果は患者さんごとに異なり、定期的な診察で再評価を繰り返すことが大切です。弁膜症が重症になると薬による治療効果には限界があり、外科的治療やカテーテル治療が必要になります。

弁膜症の症状に対する薬

※症状が軽いうちは効果が期待できますが、重症の場合はあまり期待できません。