心臓弁膜症サイト

文字サイズ
ホーム  >  手術後の日常生活  >  抗血液凝固療法について

抗血液凝固療法について

手術後は、抗血液凝固療法が必要となります。

弁膜症の外科的治療を受けた方は、血栓ができるのを防ぐために血液を固まりにくくする抗血液凝固療法が必要になり、「ワルファリン」をはじめとする抗血液凝固剤を服用します。弁置換術で機械弁を植え込んだ場合は、生涯にわたり必要となります。
また、弁形成術および弁置換術で生体弁を植え込んだ方は、心房細動のある方を除いて、術後2~3ヶ月間程度の服用で済むことがほとんどです。

抗血液凝固剤を服用する際は、いくつか守っていただきたいことがあります。

定期的に検査を受けてください。

薬の量は、その時の心臓や体の状態によって決められます。そのため、定期的に検査を受けることが必要です。また、薬の効きめには個人差がありますので、医師の指示通りに飲んでください。

食事制限があります。

ビタミンKは抗血液凝固剤の働きを妨げる可能性があります。ビタミンKを多く含む納豆やクロレラを食べるのは避けてください。また、緑黄色野菜にもビタミンKが多く含まれますので、一度に大量に食べることをさけてください。

出血に注意してください。

抗血液凝固剤により、血液が固まりにくくなっているため、出血すると止まりにくくなります。ケガなどによる出血には、じゅうぶん気を付けてください。

このようなことが起きた場合は、主治医に相談し指示に従ってください。

・切り傷からの出血が止まらない ・尿や便に血が混じる
・鼻血が止まらない ・一時的に、言葉や意識を失った
・歯ぐきからひんぱんに出血する ・異常な痛みや腫れ、不快な症状が続く
・あざ(皮下出血)がよくできる ・人工弁(機械弁)の音がいつもと違う



抗血液凝固剤(ワルファリン)について

▲ ページTOPへ戻る

ここから先は、エドワーズライフサイエンス株式会社が運営しているホームページから離れ、 別のホームページに移動します。


はい いいえ