トップ

治療方法 : カテーテル治療

カテーテル治療

カテーテル治療は、開胸することなく、また心臓も止めることもありません。また、患者さんへの体への負担が少なく、入院期間が短いことが特長です。但し、最適な治療方法は患者さんの状態や病気の種類によって異なり、患者さんに適用される治療方法は、患者さんの年齢や全身状態、弁の形態などから医師が総合的に判断します。

経カテーテル大動脈弁治療(TAVI:タビ)

TAVIは、重症の大動脈弁狭窄症に対する治療法です。カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に留置します。
2002年にヨーロッパで始まり、日本では2013年に保険適用の対象となりました。

TAVIのアプローチ法

多くの場合は、太ももの付け根の血管から弁を装着したカテーテルを挿入する「経大腿アプローチ(TF)」で行われます。他には、肋骨の間を小さく切開し、心臓の先端(心尖部)からカテーテルを挿入する「経心尖アプローチ(TA)」や胸骨上部を小さく切開し、上行大動脈からカテーテルを挿入する「経大動脈アプローチ(TAo)」、鎖骨下動脈からカテーテルを挿入する「経鎖骨下動脈アプローチ(TS)」もあります。
どの場合も、大動脈弁の位置にカテーテルで人工弁を留置した直後から、患者さんの新たな弁として機能します。

TAVIのアプローチ法

TAVIアプローチ法(TF)

経大腿アプローチの例

経皮的僧帽弁接合不全修復システム

経皮的僧帽弁接合不全修復システムは、重症の僧帽弁閉鎖不全症に対する治療法です。カテーテルを使って僧帽弁の弁尖をクリップ把持することによって治療します。アプローチ方法は、太ももの付け根の太い静脈からカテーテルを挿入して行われます。