トップ

心臓弁膜症とは : 症状と原因

症状と原因

胸の痛み、息切れ、動悸、心臓弁膜症の症状は見逃されがちです

心臓弁膜症になると、胸の痛み、息切れ、動悸などの症状が出てきます。これらの症状は加齢に伴う体の変化と似ていることから、活動中に息苦しさを感じても、病気として捉えず、年のせいだと自身で以前より活動範囲を狭めてしまい症状に気がつかない場合があります。
病状がさらに進行すると、めまいや失神などの症状が出てきます。また、最後まで症状が出ない場合もありますが、無症状でも心臓には負担がかかっていますので、高齢者自身だけではなく家族など身近な人が気づいてあげることも大切です。

動悸・息切れ動悸・息切れ

心臓弁膜症の原因は、「加齢に伴う」ものが増えています

心臓弁膜症の原因には、先天性と後天性(リウマチ熱、動脈硬化、心筋梗塞、変性など)があり、原因を特定できないものも多くあります。かつては、リウマチ熱の後遺症として心臓弁膜症になることが多かったのですが、現在は抗生物質の普及により、リウマチ熱を原因とする心臓弁膜症は減少しています。一方、加齢に伴う弁の変性や石灰化によるものが増えています。

高齢者で増えている心臓弁膜症。65歳を過ぎたら心臓の検査を

65歳を過ぎたら心臓の検査をはじめは「弁」という心臓の一部分の病気ですが、進行すると「心筋」(心臓を動かしている筋肉)が障害され心臓全体の病気になります。そのような状態になると、いくら一部分である弁に対しての治療を行っても心筋の障害は回復せず、心臓は元通りに働くことができなくなります。心臓弁膜症は自然に治ることはないので、心筋の障害が進行する前に早期の診断と治療をすることがとても大切です。

米国における心臓弁膜症の罹患率は、45~64歳で1.9%、65~74歳で8.5%、75歳以上では13.2%と報告されています1。この罹患率を日本での人口2に乗じることで45~64歳で63万人、65~74歳で150万人、75歳以上で235万人の潜在患者がいると推測されます。

心臓弁膜症の潜在患者数心臓弁膜症の潜在患者数